格安自動車保険は年末調整の控除対象外に

2015/04/22

格安自動車保険は、簡単にインターネットで申し込み、加入ができるので、年々人気が高まっています。
近年は、たくさんの会社が参入しており、走行距離や、自動車を運転する人の年齢、車種など、顧客のニーズに合わせた様々なプランを提供しています。
顧客は、その中から、保障内容や支払い金額などを考慮し、選ぶことが可能です。
ネット申し込みなので、販売店へ足を運ぶ必要もないし、自宅に販売員に来てもらうという煩わしさも発生しません。
また、自分のニーズに合わせて選ぶことができ、さらに金額を抑えることができるので、家計にも優しいことが大きな魅力となっています。
この格安自動車保険ですが、税金面においては優遇されているのでしょうか。
実は、平成22年度に税制が改正され、サラリーマンが年末に行う年末調整において、所得税の控除対象にはならなくなりました。
平成24年度からは、年末調整において控除対象になるのは、国民年金や厚生年金などの社会保険と、生命、地震保険の3つのみとなりました。
ただし、企業の場合は、社用車であれば経費として計上できるので、法人所得から差し引くことができます。
個人事業主であれば、企業と同じように必要経費であるとされ、事業者所得から差し引かれます。
個人としては、税的には、優遇はされていませんが、家計に優しいのは間違いありません。
年1回の更新時には、加入会社の変更を考えてみるのもいいでしょう。
一括見積もりサイトなどもあるので、利用してみるのもいいかもしれません。